学校案内

   ホーム  >  学校案内 [ 学校案内・校長挨拶 ]

    校長  大久保 芳隆 

 

  福岡県立小郡高等学校の第十六代校長に就任しました大久保芳隆でございます。

本校は豊かな筑後平野を望み、歴史と文化の香りただよう、ここ三国が丘に昭和59年に開校し、平成25年には創立30周年記念式典を挙行し、本年度、開校33年目を迎えました。

 本年度も、全教職員の一丸となり、712名の生徒の指導に邁進していく所存です。本校の教育活動に御理解と御支援をよろしくお願い申し上げます。

 

 平成28年4月7日に第33回入学式を行い、平成28年度がスタートしました。本校創立以来の伝統を引き継ぎつつ新しい時代への挑戦の気概に満ち溢れ、小郡高生712名が1つのチームとして、学業、学校行事、部活動等に全力を傾けています。2・3年生は責任を持って伝統を引き渡す者として、1年生は受け継いだ伝統を再構成し、新しく創りかえる者として各々が頼もしい表情を見せています。

 

  さて、本校は入学時点ではほぼ全員が4年制大学進学を希望しています。現在、大学教育は大きな質的転換を迎えようとしており、様々な試みが行われています。目立つところでは英語の運用能力強化でしょうが、もっと根底には、英語に限らず様々な言語を用いて必要な知識・情報を可能な限りすべて探し出し、異なる意見の者同士が協議して、答えのない問題に対するより良い対応策を見つける習性を身につけるという方向性があると思われます。世界中の大学と競争する必要があるため英語力が急務となっています。そうであるならば、どの学力レベルにあっても、気の合わない仲間とでも行事や部活動で何らかの成果を挙げるために力を合わせるということは非常に大切な経験であり、その上に英語や他教科の学力をつける必要があることになります。

 

  この機会に、本校で学ぶ生徒の皆さんには、校訓「忠恕・明徳・剛健」の初心に戻り、文武不岐の校是のもと、知識や技術の習得とともに、身につけたものを実践に移す壮健な肉体と忍耐強い精神力の練磨に励んでもらいたいものです。

 「瞬間は習慣で決まる」ものであり、日常の生活の中で常に自分に問いかけながら研鑽に励み、あらゆることに対して自ら積極果敢にチャレンジしていく主体性を身につけてほしいと考えています。

 

  世の中は加速度的に変化し続けており、一寸先も予測しにくくなっています。そのような時代だからこそ、目に見える身近なことばかりに振り回されることなく、骨太の人間性を磨くことに励み、どのような変化にもしなやかに対応できる若者を育てていきたいと考えています。小郡高等学校への変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

 

                                                                                                                                                                      

 ホーム
福岡県立小郡高等学校〒838-0106福岡県小郡市三沢5128-1
Tel:0942-75-1211 Fax:0942-75-2783